ブログ「つり日記」

2013,10,30 伊豆下田、番匠高宮丸からキンメ釣

2013年10月31日

30日、下田須崎高宮丸にキンメ釣行ってきました
10月は、台風が多く、1日出ては、1週間休みであまり出なかったと船長が言っていた
本日つり座は、ミヨシから、鈴木さん、私、女将さん、船長という席順
1投目は、イロウアワセ、水深250メーター、着底前辺りから、アタリが連続で出だす
「これは、相当付いてるな」上げてる途中で、船長から「30センチ以下は逃がしてあげてください」「エーそんなに小さいの」昨日は、15センチぐらいのが上がったそうです
上げてみると30センチ位の小キンメ、18本針に15本途中で1尾ばれて14尾
全員10尾以上
2投目、場所を変えて、同じく浅場で、全員スカ
3投目、水深350メーターに移動、1キロ弱を5尾
4投目、同じところで2尾
5投目、スカ
6投目、とんがりの450メーター深場に移動、錘が切れて、1,2キロぐらいが1尾、隣の鈴木さんにクロムツ3キロ、のヒイカ1尾付けに来たようだ
7投目、2キロアップを含めて3尾
8投目、船長から、「あまり糸出さないで」「やっぱり出して」
私、「どっち」船長「おいも判らんから、思うようにやって」
アタリが出ていたので、2,3尾付いてるはずだったが、根起しで、いやに切れない
やっと手で引っ張って錘が切れたのだが、アタリが消えている、上げてみると、途中で幹糸が切れている。この流し、スカ
船長から、あと一投やりますから、準備して、予備の仕掛けを出し、1度使った仕掛けから餌をとり、餌を仕掛けに付け、何とか準備オーケー
9投目、今度は、錘着底後、糸ふけを取ってアタリを待ち
2キロぐらいを含めて3尾、トータル28尾
さあ、とっとと帰ろう、12時半に港を出て、家に着くのは、4時ぐらいかな
途中、相模キンメ会の大輔君から「アカムツ沢山釣れたから、上げるとのこと」
「今どこにいるの」私のだいぶ後ろを走ってるようだったが
悪魔のささやきに負け、網代のコンビニで待ち合わせ
1時間ちょっと待って、クーラーを見たが、「どこにアカムツいるの」「間違えた、アカハタだ」「エー」、、、
アカハタ、イラ、カサゴ、アカハタは、40センチぐらいあり立派だ、キンメと交換して
「とっとと帰ろう」
そして、小田原厚木道路の終点アタリで大渋滞、東名集中工事のため、東名が、動かないようだ、「これは、ヤバイ」、何とか、厚木の一般道に出たのだが、、込んでいて、そしたら、東名入り口のほうが開いていたので思わず、また、入ってしまった。
圏央道の入り口は、もっと手前にあると思っていたが、大渋滞の皆さんと同じ方向
「ぜんぜん動かん」結局、厚木に3時間いた事になる
やっと、自宅に着いたのが、19時半、帰り7時間掛かった事になる。

 

DSC_0323-640x360.jpg

 

 

CA3XAY3X.jpg

 

このページのトップへ

ブログ