ブログ「つり日記」

2013,6,5  久比里山下丸からカワハギ釣り

2013年06月06日

今日は、玉さん、淵野辺さん、ミカさん、モモさん、5人で、カワハギ釣り
なんか、にぎやかな面子である
釣座は、左舷、トモが、知らない方、トモ2番に、淵野辺さん、玉さん、モモさん、私、ミカさん、そしてミヨシに知らない方、左舷7人、右舷7人、総勢14人での出船。
本日タックルは、キス竿に、スピニングリール、針は、速攻4,5号
ポイントは、下浦沖、スピニングで、キス竿なので、遠投すれば、いいものの、
真下を探る。錘を着底させて、少し弛ませ、ゆっくり上げていくの繰り返し
アタリが、あるのだけど、掛けられない、みんなも苦戦している
宙層を探ると、反応があるようなので、竿を、ラビットバイパーに交換
針を、スピード8号に交換、錘を、ハマグリに交換し「ハマグリ落とし」
何枚か釣、集奇にとこぶしを付け、「貝貝コンビ」
「ちょっと合わせが効かない」貝貝コンビには、やっぱり、竿は、レンジバイパーが良い様だ。
そして日も高く上がってきたので、満を持して、集奇に金の鈴
錘も金に換え「金金コンビ」、この金の鈴は、水中で鳴り、魚を集め
アタリがあったら、耳を澄ませば、聞こえるので、其処で合わせれば、釣れると、隣のモモさんにうそばっかりの能書きを垂れてたら、真剣に聞いている
うそだとも言えずにそのまま、そこそこ釣れて来る。
この金の鈴、仕掛けの1番上に10センチ位ハリスを出して、そこに結んでいるのだが、どうも絡むし、オマツリのときなんか大変だ
しょうがなく、錘のところに付けると、何気に、様になっている
トモ二番のアゲアゲのおっさん、「あの鐘を鳴らすのは、あなた~」とか歌ってるし、、、
そろそろ、お遊びは、ここまでにして、本気を出さなければ
ミカさんには、離されてるし、、
針を、スピード8,5号の針に換え、中錘2号を付け、底から50センチのところでダブル、ゼロテンからダブル「やっぱり、オレは天才かもしれない」
それでも、ミカさんに追いつけず、15枚で終了
ミカさん16枚、これで、スランプ脱出か
モモさんは、30センチを釣ったし11枚、玉さんは、調子が出ずにつ抜けできず、アゲアゲさんは、「あのダブル2回がなかったら、同点だ」と言っていたので、13枚で終了。
ちなみに本日の竿頭は、右舷オオドモの方で、24枚
釣果は、さておき、楽しい1日だった。

 

CACNOUTF.jpg

 

このページのトップへ

ブログ