ブログ「つり日記」

2012.12.26 山下丸から、釣り納めのカワハギ釣り

2012年12月27日

 

【26日・カワハギ】剣崎沖20~40m、水温15℃、水色は澄み。
剣崎沖で乗合二隻の釣行。海上は北風がやや強めに吹きましたが、波は低めで一日釣りが出来ました。根回りのポイントで良型が多く釣れ、最大30.5cm。20cm後半のサイズが連釣することもあって、盛り上がりましたね。竿頭は、世田谷区の斉藤さんで23枚。別船竿頭は21枚でした。

今年最後のつり納めに、ミカさんと一緒に山下丸に行ってきました
本日つり座は、左舷大トモ、ミカさんは、その隣のトモ2番
タックルは、ステファーノ175H、リールもステファーノ、道糸1,5号、本日竿おろし
針は、がまかつ速攻4,5号、ハリス3,5号と、くわせ5,5号ハリス3,5号5センチ
最初のポイントは、剣崎沖の根回り、開始早々、ゼロテンで待って1枚釣り上げる
それにしても、今日は、風が強く、トモ側は、上下に良く揺れる、それに根掛り
錘を切って待つのだが、水深をキープできない。
そして新しい竿の、ステファーノ、夏場、シマノに借りて試した時には、調子よく、気に入ったので、山下丸のサービス券で交換したのだが、トリガーが付いていないので、手袋2枚はめた手には、滑って調子が悪い、それからリールは、ギアー比が高い分、この水深50メーター近くでは、重くて、辛い「ステフアーノセットは、夏場に使う事にしよう」
タックルを、リーディングX、A2に交換、針をパワースピード8号、ハリス3号6センチに交換、だんだんうねりも収まり、根掛りも少ないポイントに移動した為、ゼロテンか、宙層で
上下に揺らして待ってると、面白いように釣れて来た、それにしても私の釣るカワハギは、小さい、隣のミカさんのカワハギは、ふた回りほど大きいのに「何故だろう」、置き竿でも釣っちゃってるし、、
本日釣果、トップ21枚、私は、15枚、隣のミカさんは、17枚、数でも型でも負けてしまった。トホホ

 

20121226174435_large.jpg

 

このページのトップへ

ブログ