ブログ「つり日記」

2012,10,10 久比里山下丸からカワハギ釣り

2012年10月11日

【10日・カワハギ】竹岡沖15m、水温21℃、水色は薄濁り。
竹岡沖での釣行。朝の内は潮が全く行かず、渋かったですね。その後下げ潮が流れ出すと、ポツリポツリ釣れ始めました。午後になると下げ潮の流れも良くなり、食いが俄然良くなり、型もグンとアップしました。竿頭は、相模原市の住吉さんで32枚。次点29枚が2名様でした。

2012年10月10日(水) 晴れ 北風やや強い
カワハギ釣り 久比里 山下丸 長潮 薄濁り



来週のDKOの練習にお客様の桃井さんと 山下丸へ行ってきました 2船出しでしたが 克典船長の船の左ミヨシに私 隣に桃井さんが座りました 右10名左7名で まずは竹岡沖航路そばの20mダチで釣り始めますが 思わしくないのでナダ寄りの15mダチへ移動すると 彼方此方で釣れ出しました 私の1枚目は9時半でした 小型が多いとの情報なので ハリはフックの4号Wフックの3.5号スピードの7号を用意しました 上げ潮の流れが悪く連荘が有るものの 我慢の拾い釣りで11時半にツ抜け出来ました 底での誘い釣りで3枚釣れましたが タタキ・0テンとタルマセ釣りに分が有りました サバフグの悪戯も有りましたが 午後下げ潮が流れ出すと あっと言う間にツルテンにされました 餌取りの上手いワッペンの仕業です 桃井さんの左隣の住吉さんは快調に釣り上げています やはりタタキ・0テンの様です 取られ難いあさりを付けたりして 私達も良いペースになって来ました 桃井さんも6連荘のハイピッチで釣り上げ 私に2枚差まで追い付いて来ました 20対18 24対22と白熱の戦いです そこで私に1荷が有ってからは差が開きました その入れ食いも1時間程で終わり 2時からは静かな釣りでないと釣れなくなりました 底での止め・待ち釣りです 私はポツポツ釣る事が出来て ラスト5分前で29枚になりましたがそのまま終了です 26cmも釣れましたが中小型が中心の釣りでした
トップは住吉さんで32枚は見事でした 左艫の人が29枚との事です DKOはワッペン攻略が肝ですね

使用竿:セミ鯨穂先カワハギ竿 布袋竹インロー継 根切り淡竹手元 1.9m 竹岡バージョン浅場用 (20m前後用) オモリ25号 道糸PE1号 中オモリ1~1.5号 汐よし特製3本針仕掛け ハリ スピード7号 Wフック3.5号 フック4号 ハリス2号~3号 6cm
(汐よし、ご主人、早坂さんのブログより)

今日は、大会前の調整で、山下丸からカワハギ釣り
私と同じように、調整でこられてる方が多くて、大盛況、2隻出しです
テーブルで、カップヌードルを食べていたら、どこかで見た顔が、「ミカさん」
ということで、左舷胴の間で、仲良く並んで釣る事に
もちろんミカさんは、ダイワの新製品AGS、何の略か知らなかったが、味の素と関係があるようです(ウソ)
私は、竿が、レンジバイパー、リールがベイエリアスペシャル道糸2号
予備竿で、極鋭ボトフ、途中使ってみたが、なんとも不思議な調子で、私には、使いこなせないようです。
針は、がまかつの速攻4,5号、ハリス3,5号5センチ
これで、タタキ下げ、タタキ上げと常に動かし、とめて、からあわせで、面白いように掛ける事が出来た。「もしかしたら天才かもしれない」
食いが落ちてきたら、スピード7,5号に換え、3枚集奇で、ゼロテンション、宙層で待っていると、自動的に掛かってきた。
マルチも使いましたが、6,5号じゃ。ちょっと小さいような気がしました。
14日がまかつの大会、チームカワハギの3連覇が掛かっています
玉さん、テッちゃん、そのまさん、風流さん、そして私の5人がエントリーしてます
帰って大会の準備をしてたら、A1の先を折ってしまいました。
これで、リーディングX.A2になり、どんな調子か楽しみです。
先詰め竿2本で頑張ります。
そうそう、山下丸の券がたまったので、ステファーノH175と交換する事に、大会に間に合うのかな?

このページのトップへ

ブログ