ブログ「つり日記」

2012.8.26 横浜カワ研8月例会

2012年08月27日

昨日例会に参加してきました
今回から、丸十丸の船2隻での例会となりました
「チームカワハギ」からは、玉さん、淵野辺さん、そのまさん、風流さん、そしてミカさんがゲスト参加です。
くじ引きで、釣り座は、B船、左舷ミヨシ2番、ミヨシ1番に会長婦人、ミヨシ3番に鈴木の健ちゃん、4番が玉さん、右舷ミヨシが、ミカさん、2番が淵野辺さん、3番がパン屋さんです。「なんかうるさそう」
そのまさんと、風流さんは、A船となりました。
本日最初のタックルは、湾フグ竿、針は、迷わないように2種類に絞って持参
アスリート4,5号ハリス2,5号5センチとパワースピード7,5号ハリス2号4センチ
前半は、潮が濁っていたので、底での釣り、どうもフグ竿が調子が悪い
柔らかくて、合わせが効きづらいのだ、そんなのはなから判っていたんだが、どうしてもみんなと同じじゃいやな性格、これは、どうしようもない、本日もブッチギリの優勝を目指して望んだのだが、バラシまくって、11時の時点で多分3枚ぐらい、隣の会長夫人にダブルスコアー、「まずい」いつもこのパターンだが、今日は、A1を持ってきていたので、交換
潮も澄んで来たので、針をスピードに換え宙層狙い、だんだんエンジンが掛かってきた
私は、いつもスロースターター、、、
余裕も出てきて、置き竿にして、竿を叩いての「波動釣り」これにも食ってきたが,竿を固定してた為にもたつき、あえなくバラシ
今日は、アスリートで、上下に動かしていると良く掛かってきた、これを淵野辺さん曰く
「カックラキン」と言うそうだ、初めてわかった、最初は、何ほざいてるのか、ちんぷんかんぷんだったが、、、
本日トップ藤田さんの19尾、私は、13尾で8位、次こそは、優勝狙います
次回から、フグ竿は、封印、ラビットバイパーの先詰め、名付けて「レンジバイパー」
レンジマスターに劣らずの棒調子、それとA1で頑張ります

このページのトップへ

ブログ