ブログ「つり日記」

2012,2,22 山下丸からカワハギ釣り

2012年02月23日

 

【22日・カワハギ】剣崎沖30m・水温14.5℃、水色は澄み。
剣崎沖での釣行。北東の風がやや強めに吹きました。今日も一日緩い下げ潮でした。昨日よりも、水温が上がって、終日ポツポツ食いました。大・中・小型の交ざりです。竿頭は、板橋区の山下さんで20枚でした

朝山下丸に着いたのが6時20分、西山名人がいたので、ご挨拶
アマダイにするか、スミイカにするか、今日もウロチョロ、結局、アマダイになったようだ
今日の釣り座は、左舷胴の間よりのトモ、結局、左舷に2人右舷に4人の計6人での出船
タックルは、竿が、A-1、リールがエアド、道糸1,2号
針は、パワースピードの8,5号、ハリス3号6センチでやる予定だったが、生憎忘れてきたみたいで、カバンをごそごそ、パワースピード8号ハリス2号6センチがあったのでそれを付け
ゼロテンから少し弛ませてみるが、どうもアタリが取りにくい、一番上の針の下に0,5号のオモリを装着、アタリが取れるようになってきた
10時までに5枚釣り「今日は、調子がいいぞ」
余裕が出来たので竿をAトリガーにアルファータックルをジョイントした、改造竿に交換
ここから苦悩が始まる、柔らかめの竿なんだが、水深が30メーターあるので、アタリが取りづらい、吸い込みやすい、スピードの7,5号に換えるが、バラシの連続、1時の時点で8枚
しょうがないので、竿を、A-1に交換、針もいろいろ試してみたが
しかし時すでに遅し、周りも釣れなくなってる様で、根掛りするし、ベラの猛攻
結局9枚で終了
本日トップが20枚、左舷ミヨシの方、スソが8枚「危なかった」
26日は、カワ研の定例会
竿を、極鋭ボトフ、棒調子を持っていくつもりだ

さてどうなる事やら

 

20112.22.jpg

 

このページのトップへ

ブログ