ブログ「つり日記」

2012,1,25 長井漆山港、昇丸

2012年01月26日

今日は、相模キンメ会のメンバー7人でアコウ釣り
6時半出船と言うので、家を4時半に出て、しばし車の霜取り
港に5時40分到着
本日の釣り座は、右舷ミヨシ、ここの船着場は、狭いので、出船ギリギリに乗り込む
深場の釣りは、荷物が多いので、いっぺんに運べない
とりあえず、竿と道具を置いて、クーラーボックスを取りに行く間に、船が、私を置いて出て行ってしまった。「お~い」
気が付いて引き返してきたが、会長が笑って「主役を忘れた」、、「笑い事か」
50分ぐらいで、ポイントに到着、ちょうど城ヶ島と江ノ島の中間地点、水深450メーター
本日の仕掛けは、23号ムツ針、ハリス16号70センチの6本針、夜光グリーンのタコベイトを付け、餌は、船宿支給のサバとカツオのハラモを交互に付けた、それに船に落ちてた、いわしの丸を付けたが、投入の時にはずれ海に漂っている
オモリ300号着底後、糸ふけを取り待っていたら、小さなアタリ、それでも一緒に巻き上げないといけない為、待ってると、今度は、大きなアタリ、それでも我慢して、船長からの巻き上げ合図を待つ、そして巻き上げ開始「なんかあまり引かない」上がってきたのは、深海穴子、カツオのハラモに食っていた。
2投目、小さなアタリ、上がってきたのは30センチ位のアコウみたいなホウズキみたいな、目が出ていなくて可愛い魚、前回ホウズキで片付けられたのによく似てる、カツオのハラモに食いついた
3投目、会長が、1,5キロぐらいある目が出たアコウを釣り上げる、私はスカ
4投目、小さなアタリ、またまた微妙な、30センチサイズ、少し目が出ていた、これまたカツオのハラモだ
5投目、スカ
6投目、スカ
それから、スカ、スカ、スカ
最後の流しで、右舷トモ2番の方がダブル
本日釣果、右舷2,0,2,1 左舷1,2,1
今日の2尾は、アコウと言うことで、でもホウズキのほうが旨いらしい?
それにしても小さい

 

ako.jpg

 

このページのトップへ

ブログ