ブログ「つり日記」

2011,12,14 久比里山下丸 アマダイ釣り

2011年12月15日

 

【14日・アマダイ】剣崎沖80~100m・水温18℃、水色は澄み。
今日は寒い一日でした。水色も澄んでいたので、天気が悪かった割に、アマダイの活性が高かったので、一日安定し釣れました。良型主体で40cmオーバーがたくさん出ましたよ。最大49cm、他47cm46cmと大きめでした。残念ながら0がお一人。竿頭は、相模原市の菅野さんで4尾。外道はオニカサゴ・ホウボウ・カイワリ等。

今日は、雨予想だったので、あまり釣りに来る人は、いないと思ってましたが
アマダイ船、なんと9人の出船
釣り座は、左舷トモ2番、隣のトモ1番に西山さん
朝から雨がしとしと降り、北風も強く、寒くて、手が悴んで、最悪のコンデション
最初の剣崎沖80メーターで、何かが当たり、巻き上げるが、重いのだが、あまり引かない
「またお前か」水フグである。
このポイントで置き竿に30センチぐらいのアマダイを釣り上げる
それから、餌も取られない時間が続く、西山さんも手が合わないようだ
11時ごろから、雨も上がり、薄日も差してきて、寒さも緩んできた
城ヶ島方向にポイント移動、水深90メーター、餌取りもボツボツあがるようになってきた
右舷側では、結構デカイのが上がってるようだが、左舷側では、餌取りのみ
西山さんは、調子悪いようで、ラスト30分は、お土産のサバ釣りに変更
私も途中加わり、右舷は、アマダイ船、左舷は、サバ船と化した
上から、30メーターサバの入れ食いだ
今日の釣果、トップ4、わたしは、2、外道は、サバ、トラギス、カナガシラ、アカボラ、姫
左舷トモから0,2,1,1

bo.jpg
このページのトップへ

ブログ