ブログ「つり日記」

2011,9,28 久比里山下丸からアマダイ釣り

2011年09月29日

【28日・アマダイ】勝山沖~岩井沖、60~80m・水温24℃、水色は澄み。天気晴れ 大潮
今日は北東の風が強かったので、一日波がありました。アタリも取り難かったせいもあり、思うようには釣れず、皆さん苦戦している様子でした。竿頭は2尾。外道はマダイ・キダイ・カイワリ・ホウボウ・オニカサゴなど。

今日は、うーさんとたかさんとアマダイ釣り
本日タックルは、竿がリアルⅠ、リールがシーボーグ400BD、道糸4号
2本針で餌は、アマエビ、前回23日に玉さんがアマエビで42センチを釣り上げてる、この日は、15人で乗って船中2尾、私は、ボーズ。
最初のポイントは、勝山沖50メーター、潮が澄んでいて釣れそうだ
船中1尾目は、左舷ミヨシのたかさんに、ちょっと小さいがおめでとう、次が、左舷トモの方、これまた小さい
この間私は、マダイやホウボウが釣れた、これは、2番目の針に付けたオキアミ
先の1番目の針に付けたアマエビには、トラギス、それもジャンボ
そして来ました、アマダイらしきアタリ、「これは、でかいぞ」上げた竿が、海面近くまで、引き込まれていく「あ、バレタ」
それを見てた船長「住吉さん、電動で速く巻き過ぎじゃないですか」、、
どうやらアマエビに来たようだ、それにしても50センチ級の引きだった
本日釣り座は左舷トモ2番、隣がうーさん、その隣がたかさん、ミヨシである、片舷4人総勢8人だ
右舷は、船長の長男が胴のまで、これまた小ぶりだが、2尾釣り上げてる
水温がだんだん下がってきたようなので、ポイント移動、浮島の前水深80メーター
アタリがないのに餌が取られてる、針もない「あいつかー」フグである。トモの方カワハギを釣り上げる
「こいつもいたのか」、最強の餌取りである。
隣のうーさんもここで、ウマヅラ、27センチぐらいのカワハギを釣り上げる、そして水深50メーターにポイント移動
今日は、大潮なので、橋をくぐれなくなるので2時20分頃に早上がりの予定だ。
1時30分、トラギスも釣れないので針をいつものマダイ10号に換え、ガンダマを打ち、餌をオキアミに換えた
その途端、アマダイらしきアタリ、今度は手巻きで大きさを確認後電動を低速で巻き上げる。
「引いてる、引いてる」結構型が良さそうだ。「うーさんタモ」
上がってきたのは、37センチの綺麗なアマダイ、この日船中1番の大きさだ

本日釣果
トップ2尾、船長の長男、ボーズが何名か出た

帰りがけ、横横道路で、柴田さんが私の車を追い越し際に窓を開け「50枚」と言いながら抜き去った
後で確認したら、海楽園でカワハギを52枚釣ったようだ、今期の最高記録みたいだ、さすがである2011092817410_large.jpggs2309u.gif

このページのトップへ

ブログ