ブログ「つり日記」

2011,9,14 佐島海楽園

2011年09月16日

晴れ 大潮 潮色澄み加減  佐島~小坪沖10~30メーター

本日は、柴田さん、五ノ井さん、ミカさんと4人でのカワハギ釣り
海楽園到着は、いつものように道に迷い6時30分、佐島にまともに行ったのは、あまりない
到着すると宮沢さんがお友達といて、にぎやかになってきた
釣り座は右舷トモが私その隣がミカさん、左舷トモからお友達、宮沢さん、柴田さん、五ノ井さんの順である
最初のポイントは佐島沖10メーター、すぐに底でワッペンが2枚釣れた。このワッペンを数釣らないと大会では、勝てないが、今日は大会じゃないので、1メーター底を切って、大物狙い、案の定デカイのが釣れだす
今日のタックルは、竿がA1、柴田さんのお勧めの竿で、今日初めて使う、操作性もよく、感度もよく、調子が、ラビットバイパーによく似てる、大体今までは、まともな竿を使ってないように思う、ラビットは、先が折れてるし、205も短くしてこれまた先が折れてる、Aトリガーは、わざと先を折り、入船225は、長すぎるし、リーディングカレイは、ビンビンはじいてくれる、他にもカワハギ用にフグ竿とか、極鋭センサーなども使ったがどれもいまいち、それだけにこのA1は感動ものだ
早く買えばよかった、大体性格的に、人と同じがいやなので、竿も改造、仕掛けも変だし、つり方も変、、
ちょっと人の良い所を取り入れていかなければ、ぜんぜん上達しないように思う
針は、パワースピード8号、アスリート4,5号、丸セイゴ8号をいろいろ試したが、私の釣り方、そしてこの竿には、
セイゴの8号ぐらいが合ってるようだ。宙層でもカッと合わせれば、かかるしバラシも少ない
底でも、糸ふけを作り、反応があれば、これまた、カッと合わせれば、掛かって来る
誤算は、集奇にカツオのハラモを使った事、とにかく外道が良く集まる、隣のベラ姫もよくベラを釣っていたが、ひとつは、このハラモのせいのような気がした。
最後は、このハラモにエソがアタックして、仕掛けがぐしゃぐしゃ、ハラモを外す事にした
本日の釣果、トップ31、右舷ミヨシの方、次が30尾左舷ミヨシの方、今日は、ミヨシが良い様だ
スソが2左舷トモの方、私は、18、フグキタマクラ、トラギス、ベラ、エソ、などとにかく良く釣った
柴田さん25、五ノ井さん20、宮沢さん18、ミカさん12

がまかつで新しく竿が出たのだが、「閃迅カワハギ」と言うのだが、これをわたしは、もんぜつカワハギと読んでしまい
皆さん大笑い  せんじんと読むのだそうだ
悶絶だとカワハギがもだえてしまう

このページのトップへ

ブログ