ブログ「つり日記」

2011年6月29日松輪江奈港大松丸 剣崎沖20~30m

2011年06月29日

晴れ、中潮、水温24度、濁り潮

本日は、宮沢さんとミカさん3人で久しぶりのイサキ釣り。
釣り座は、左舷胴の間、タックルは、リアルⅠ、仕掛けは、1,75ハリスの3本カラー針。
5時半に港の前に船が並び、ポイント目指して一斉にスタート「がんばれ大松、成銀に負けるな」、、
なんか負けたみたいだ。。
最初のポイントは、水深が22メーター、棚が12メーター位、ポツリポツリと釣れた。
それにしても小さい、平均13センチと言うところだ。
餌は、オキアミ、赤タン、醤油タン、白タン。
3年前やった時は、イカを御用液と薄口醤油に混ぜた液にイカを漬けた醤油タンが調子良かったのだが、
なにせ3年前の餌なので、赤タンともども調子が悪かった。
棚で待つ釣りには、やはりオキアミが食いが良いのだが、あたりがあるのだが、針掛りしない。
それにしても暑い!!カンカン照りで、海からの照り返し、そして風も無い。
隣のミカさんは「暑い!、暑い!」の連発。「ウルサイ!」。
そして 次のポイントに移動。どうせ、棚で待つててもデカイのが釣れないんだから、釣り方を変更し、
20メーターから110メータまでしゃくり上げて、2往復したら、上げて、コマセを入れる・・・この繰り返し。
チビだがイサキも釣れ、鯵も釣れ、ウマヅラも釣れた。それも5匹連荘。うち3匹は、スレ掛かりだ。
本日釣果は、トップ46、スソ9、宮沢さんが32、ミカさんが24、私は20。
外道にウマヅラ6、カワハギ1、鯵6。
今日店にイサキを出したが、1貫に片身を2枚乗せないと形にならなかった。
でもチビの癖に、脂ばっちりで、旨かったです。

naruginn.jpgのサムネール画像

 

このページのトップへ

ブログ