ブログ「エピソード」

エピソード21

2011年05月17日

の21,22歳頃、開店の店だけでなく問題がある店にも行った。
埼玉県東松山市、駅の改札の横に店があるのだが、ただ行く様に言われただけで、他の会社の店を見れるので楽しみだった。行ってみて、社員が一人いたのだが、元気がなく、何しに来た、て感じ、アルバイトも覇気がない、ん、、その日雨が降っていて、夜裏口がノックされ、高校生ぐらいの男の子が立っていた「ビニール袋下さい」、雨が降っていたので必要なんだろうと思い、アルバイトの子に渡すように言った。次の日の夜もビニール袋を貰いに来た、今日は、雨は、降っていない、なんかオカシイ、実は、裏でシンナーを吸っていたのだ、それも店のアルバイトも何人かいるようだ。そして信じられない事にその子達のボスがこの店の社員だった。
そしてこのボスと店の裏で決闘、私も血が上ってあまり覚えてないが、たぶん殴り合いには、なってないと思う。社員は、辞めることになり、アルバイトも半数以上やめた。それから暫くいて、この店のオーナーに引き継いだ。そして「有難うございます」と礼を言われた。
後で聞いた話によるとオーナーが何とかしてくれと本部に泣き付いて来て、私が行くようになったみたいだが、私だけが知らなかったみたいだ。この頃より、胃が痛くなり、病院に行くと先生が
「神経性胃炎です」

このページのトップへ

ブログ