ブログ「エピソード」

エピソード19

2011年05月17日

私が社員になった頃ユニークな従業員が多かった
通勤にチャイナ服で来るカンフー狂い、こいつは、閉店間際になると俄然張り切り寿司を握り始める、残らして自分で食おうとしているのだ。もう一人は、自分では、元ヤクザだと言っていて刺青をしているのだが、へたくそな刺青で、本人は、ボタンに蝶だと自慢しているが、どう見てもキャベツにピーマンに見える。今考えるとどうしてこんなのが社員でいたのか疑問だが、その頃、二人とも店が終わって、遊んでいたので、あまり気にならなかった。店長もいい加減で、営業中、いなくなったり、よく遅刻もした。そんな時私は、怒鳴って、雑巾を投げつけた事もあったが、これまた今思えば考えられない事である。食べに来る人も蒲田という土地柄、ヤクザ関係や、酔っ払いも多く、中には、私に抱きついてくる男もいた。ただこの頃毎日楽しく面白かった。

このページのトップへ

ブログ