ブログ「エピソード」

エピソード5

2011年05月17日

とにかく泊まる所を何とかしなくてはいけない、幸い飛行機で知り合った人の所に2日、その人の紹介で次の所そして次となんか時差ぼけもひどく帰りたくなっていた
最後にお世話になったのが秋山さん宅、奥さんが長崎出身で、同じ九州と言うことで親近感が沸いて1か月位、居候、その間にアパートを決め、紹介で野田レストランという和食の店でアルバイトすることになった。そして初出勤、足がないのでバスで行く事になったのだが教えられた通り乗ったのだがなかなか目印が見えてこない。時間的にも過ぎているしなんか周りの様子も、おかしい、急いで降りて電話を探した。そしてまずレストランに連絡したが忙しそうでかまってる暇は、ないとゆう感じ、しょうがなく秋山さんに電話した。「住吉君どこにいるの」と聞かれたが私のほうが教えてもらいたい、、、やっと説明して迎えに来てもらい、レストランに行ったが今日はもう良いから明日からとゆうことになった。散々な1日であり、先が思いやられた。

このページのトップへ

ブログ