ブログ「ひとり言」

2007,7.9

2007年07月09日

あるチェーンのレストランに会議の帰りにみんなで行った。
私は、マグロ丼を頼んだわけだけど生臭かった、その事を言うと、責任者らしき人が出てきて、「生臭いとは、どういう味か」と聞く、「それは、裏に行ってつまんで食べてみればわかる」、と私の答え。「賞味期限内ですので、腐ってるという様な事は、ありません、大丈夫です」と相手の答え、あきれてそのまま出てきた訳だけど、、、
このところまた賞味期限に関して話題になっているが、期限内であっても、味が変わったり、痛むこともある。あまりにも賞味期限を重視するあまり食べ物屋の本来の仕事である、安全で美味しいものを提供するというのが二の次になるのは、危険だし賞味期限などなくてもいいのでは、という気持ちになってしまう。なぜなら、魚にも、野菜にも賞味期限のシールなど貼っていない。

このページのトップへ

ブログ