ブログ「ひとり言」

2007,8.19

2007年08月19日

17日にサバを釣ってしめさばにして食べた。我が家は、刺身を食べるのは、私一人なので、全部私の胃袋の中に、旨かった。夜中、急に腹痛、吐き気、あたった。
サバだ、通常塩3時間お酢に2時間漬ける所を早く食べたいもんで、塩30分、オスに20分しか漬けていない、魚屋として失格だ、それも真夏のサバをそして血まで吐いてしまった。
このままでは、食品を扱う仕事が出来ないと思い、すぐに病院に、私は、食あたりを気にしていたのだが先生は、吐血が心配だったようで、某大学病院に搬送ということになり、生まれて初めて救急車に、、病院に着いてすぐ検査、胃カメラを飲むことに、大丈夫ですねと聞かれたので20年前に1回飲んでいるので大丈夫ですと答えた、そして口からカメラが、苦しい、あまりにも苦しい
そして思わずカメラを自分で引っこ抜いてしまつた、怒られながら今度は4人で押さえつけてきた、こちらも負けずにまたカメラを引っこ抜いてしまった、「もう帰る」、、結局全身麻酔をして無事検査終了。結果は、吐くときにあまりにもオエオエやったので胃と食道の間が裂けてそこから血が出たということだ。本日無事職場復帰、ただ喉の奥が異状に痛い、あれだけ動くなといわれてたのに。

このページのトップへ

ブログ