ブログ「ひとり言」

2009,9.17

2009年09月17日

本日、特許庁より、「御用寿司」の商標の、登録査定が来た
登録料を、納付すれば、登録商標になり、この17年間の悲願が、ようやく叶えられる
17年前、御用寿司を開店する前に、登録を試みている、ちょうどその年、店の屋号にも、商標登録が可能になった年で、その年の9月までに、出願すれば、先願など関係なく登録に、なるのだが、ひとつ条件があった、9月の時点で、実際に営業してなければ、ならなかった
商標の願書を出したのが5月、会社の設立が9月、そして、開店が10月16日
それゆえに、出願は、私のほうが、早かったにもかかわらず、大阪の「御用」と言う居酒屋に独占されてしまった。何か言ってきたら「私のほうが先願だ」と、突っぱねるつもりだったが、そうも行かなかっただろう。それが、大阪の居酒屋が、今回更新しなかったのだ。それは、釣餌を売るために「御用水産」を商標登録の願書を出す為に、先願を調査してる時に、判ったのだ。
すぐに、願書を自分で書き、出願、そして今日特許庁から、連絡があったのだ
一時は、屋号を変えようとも思ったが、この御用寿司という屋号は、気に入ってたし、、変えなくて良かった
何は、ともあれ、めでたい事だ

このページのトップへ

ブログ