ブログ「つり日記」

2009年5月13日茅ヶ崎港沖ヱ門茅ヶ崎沖10~20メーター

2009年05月13日

雨のち晴れ、中潮、水温22.5度、濁り潮
アオリ船、桑山船長
今日は昨夜のシケで一日中大うねり。
案の定、浅場の根周りからアオリ避難しちゃったみたいです。
キロ級アオリとマルイカなんとか顔見れたので、
その後お土産の甲イカねらいやりました。
スミイカ、巨モンゴウがポツポツひろえたのでよかったです。
潮は変わらず濁っているので海が落ち着けばまたいけるでしょう。
総勢14人で6時半出船、ウネリがあり、潮がすごい色で濁っていた、濁っているほうが、アオリは、釣れるのだが、今日は、濁りすぎ、ポイントに着き、早々に左ミヨシの方に1杯、アトが続かない、私は、胴の間だったが
4メーター近い中通しの磯竿を使っているので、今まで場所の不利を感じなかったのだが、、
9 時ごろ、船長が「今日は、ウネリがあるから、大きくしゃくらないと釣れないよ」とアナウンス、俄然張り切ってしゃくってると、「あ、折れた」竿先4センチぐらいが折れてぶらぶらしている、ガイドの竿だと何とかできるのだが、中通しは、そうも行かない。予備の竿も、持ってない、隣の榎本さんが、「短竿だけど使う」有難いお言葉、遠慮なく、お借りして再開、次に来たのが右のミヨシの方、11時までで船中2杯、この時点で、左舷7人中、一生懸命しゃくってるのは、私と榎本さん2人だけ、あとは、お昼寝、次に来たのが、右オオドモの方、最後に右ミヨシの方が2杯目、そして1時半沖あがり、結局船中4杯「やっちまったボウズだ」それよりか約5年大事に使ってた竿が折れたことがショック、帰って、スーパーで買った鮪をつまみに酒飲んで18時に寝ました

このページのトップへ

ブログ