ブログ「つり日記」

2009年7月30日久比里山下丸観音崎沖17-20メーター

2009年07月30日

晴れ、小潮【30日・アジ】観音崎沖~久里浜沖、20~50m・水温22℃、水色は濁り。
観音崎沖へと出船、久里浜沖へとかけての釣行でした。風・波共に穏やかな海況でした。アジは連日好調で、トップ137尾でした。二番手は113尾と好釣果でした。型は中小型が中心で、30cm級も交ざりました。外道にマサバ・ゴマサバ。竿頭は相模原市の住吉さん。二番手は横浜市金沢区の永井さんでした。「楽しかった」けど・・・、一日釣れっぱなしでしたので、皆さんお疲れの様子でした。
今日は、天気も良く、ここのところの、大荒れの海とは、違い、静かで釣が、しやすかったです。久しぶりのアジ釣りで、期待して、船宿に6時30分到着、4人で7時30分出発、釣り座は、4人とも右舷で、私は、胴の間、8時10分、観音崎のポイントに到着、すでに周りには、20隻近い船がいて、結構釣れていました。
水深17メーター、着底して、2メーターしゃくり上げ、コマセを出し、アタリを待つ、最初から、入れ食い状態、隣のおっさん(私もおっさんですが)が、気合入れてバリバリ釣っているのを見て、こちらも、負けじと、熱くなり、飯も食わずに最後まで、結果、137尾釣り、竿頭
アジ釣りは、慣れていないので最初、もたついて、バラシも多かったが、だんだん慣れて、いい調子、仕掛けも、3本針だったら、もっと釣れたのでしょうが、3号の2本針、1,6メーターで、1日通しました、最初は、電動使ったのですが、電動から、手巻きへの移行がうまくいかず、その後、手巻きオンリー、とにかく、手返し重視、12時15分には、すでに100尾を超え、手のひら、ボロボロ、体も、ボロボロ、こりゃ、釣じゃなく、漁だな、、、
外道は、大サバ12尾、トラギス1、最後に久里浜45メータで、多分マダイだと思うのですが、痛恨のバラシ
暫くは、アジ釣りは、いいかな、、


 

aji.jpg

 

このページのトップへ

ブログ