ブログ「つり日記」

2009年8月6日久比里山下丸観音崎沖15-20メーター

2009年08月06日

曇りのち晴れ、大潮【6日・カワハギ】剣崎沖15~20m・水温23℃、水色は澄み。
南風が弱めに吹いて、良い陽気でした。本日も午前中は下げ潮が速い位に流れました。12時半頃から淀みで、ラストまで上げ潮はありませんでした。終日ポツポツ。ツ抜けが4名様いました。竿頭は横浜市港北区の渡辺さんで19枚。次点は16枚でした。良型揃いです。
剣崎解禁で、本日久比里よりカワハギ釣り
総勢12人でいざ剣崎へ、私の釣り座は、右舷胴の間、ポイントに付くと思ったほどウネリがなく、風もなく、少し蒸し暑かった。早速、合図とともに仕掛け投入、船内ぽつぽつとカワハギが上がる、私には、ベラ、トラギス、本日、針は、パワーフック5,5号、ミヨシの方、カワハギ一荷、右隣の方、カワハギ一荷、次はオレだ、来た、ん、なんか引きが違う、ベラと、ネンブツダイの
一荷、来た、トラギスとキューセンの一荷、ん~、だんだん焦ってくる、それに伴って、誘いも、多くなる、そして、トラギス、ベラ、キューセンのオンパレード、そしてまた、焦る
11時半の段階で、いまだカワハギ釣れず、右舷ミヨシの方、10枚ぐらい釣っている、
釣り方を見ると、遠投して、少したるませ気味で、アタリを待っている、そこで、自作の集奇板をはずし、仕掛けも、重さのある、ハリス止めに変更、針も、フックの5号に変更、そしてつり方も、少したるませて、静かに待つ、本日トップは、右舷ミヨシの方で19枚、スソ3枚、私は、何とか6枚でした。本日の反省は、釣れている人の釣り方を、素直に真似する、焦らない、まだまだ修行が足りません。後、私は、ハゲ針系の針しか、使わないのですが、底でじっくり待つ場合、掛け損ないが結構あったので、その他の針も状況によって、使ってみようと思いました、本日、ベラつりの、竿頭でした

このページのトップへ

ブログ