ブログ「つり日記」

2009年9月2日松輪、間口港、尚二郎丸、剣崎沖40-50メーター

2009年09月02日

曇り、大潮 水温26℃、水色は澄み。
本日、ワラサ狙いで松輪、間口港、尚二郎丸、剣崎沖40-50メーター
仕立てで、総勢6名で、6時に出船、全速力でポイントへ船も小さく、波もあり、北風も強くシブキでびっしょり
釣座は右舷ミヨシ、今日の潮からして、1番良いとの事であるが、揺れるし、寝不足もたたり、なんか、酔いそう、先週寝坊して、太刀魚行けなかった為、酒も飲まずに、気合を入れて、10時前に、床に就いたのだが、興奮して眠れず、2時間ぐらい、うつらうつら、しただけだった。ポイントに着くと30隻以上の大船団、皆さん闘志満々、棚は、底から8,9メーター、船中、ぽつぽつ上がる、私には、アタリなし、2時間経過、トップ4本、私だけいまだアタリなし、ん、本日のタックルは、1,8メーターアジ竿、5号道糸を巻いた、電動リール、ハリス10号6メーター、だんだん、竿が短いのか、ハリスが太いのか、迷いだす、みんな心配して、いろいろアドバイスをくれる、そして決定的な言葉が船頭から「魚探で、見るとビシが1つだけ、底から5メーターの所でウロチョロしている」それは、私だった。
私にとって初めてのワラサ釣、簡単だと、なめて掛かり、正確な棚採りをしてなかったのだ。それからは、着底後、ビシで、とんとんと底を確認し、道糸のマーカーで、8メーターまでしゃくり上げていき、少し待ち、そうしてもう一度底まで落とし、しゃくり上げて、8メータ-で少し待つ、あたりがなければ、回収して、ビシと餌をチェックする、その繰り返しに徹した
そしてきました、念願のアタリ、すごい引きだ、丁寧に巻いていき、初ワラサゲット、そして、またアタリ、「さっきのより小さいな」10号ハリスなので、強気で、ホッピングして、ゴリ巻、上げてびっくり3キロ超のマダイ、初めて釣った。
本日釣果、船中、ワラサ2-8、マダイ0-2
私は、ワラサ4本、マダイ2枚
翌日、卸が、マダイを見て「6000円で売ってくれ」と言う、料理屋に1万で売るようだ、そして、料理屋は、2,3万で売るのだろう。
「売るか、せっかく釣ったのに、自分の店で出す」
「松輪沖、天然マダイ、2貫210円」
ワラサは、本日からの、創業記念の、ランチセールで、使います

 

mada.jpgmao.jpg

 

このページのトップへ

ブログ