ブログ「つり日記」

2009年9月16日久比里山下丸剣崎沖20-30メーター

2009年09月16日

曇りのち晴れ、大潮【16日・カワハギ】剣崎沖30m・水温22℃、水色は濁り。
剣崎沖で乗合二隻の釣行。午前中は下げ潮で、朝の内は特に速かったですね。その後、ジワジワと緩くなり、昼過ぎからは上げ潮に変わりました。潮が濁ってしまったせいか、食いも少し良く無かったですね。本日も良型中心でした。竿頭は横浜市都筑区の秋葉さんで17枚でした。
通常はオモリ25号を使用。潮が速い時があるので、30号もご用意下さい。
本日天気も良く、波も静かで、絶好の釣日和、釣座は、右舷胴の間、8時30分、剣崎沖、ポイントに到着 「ちょっと、潮が濁ってるな、そして潮が速いな」、本日のタックルは、竿は、ラビットバイパー、リールは、凛牙、針は、5号ハゲ針、これで、9時までの30分で3枚釣った、右舷の他の5人は、誰も釣ってないのにだ「オレは、天才なのかもしれない」、余裕が出来たので、試したかった、針をスピードに交換、そして、釣り方は、タタキたるませ、1時間ほどやったが、釣れない、それに、根掛りで、仕掛けを2組ロスト、周りが徐々に釣れだす、「ヤバイ」、針を5号ハゲ針に交換、2枚釣り上げ、12時の時点で5枚、それでも右舷では、トップだ、また、スピード針に交換、1枚も釣れずに、仕掛けを2組ロスト、計4組、根掛りで、なくす、それから、沖上がりまで、針を換えたり、集奇を着けたりで、3枚追加、全部で8枚釣りました。いつもだったら船長が「何枚釣りました」と、聞いてくるのだが、今日は、聞いてこない、左舷に早坂名人が乗っていたので
ぶっちぎりで釣ったのだろうと思っていたが、釣果を見ると、名前が違う、もしかしたら、竿頭は、別船の方かもしれない、10月15日の大会を踏まえ、暫くは、ハゲ針一本で行こうと思う、後もうひとつ、今日のあさりは、少し大きかった、大会に向けて「トーナメントあさり」を作る事にします。

このページのトップへ

ブログ