ブログ「つり日記」

2009年9月27日小網代港、丸健丸、城ヶ島沖20メーター

2009年09月27日

曇りのち晴れ、小潮、水温23,5℃、水色は澄み。
本日は、初めての横浜カワハギ釣研究会に、ゲストとして参加した。
私は、いつも、釣り会のときは、優勝するつもりで臨んでいる、今日もやる気十分
7時半集合だったが、6時半には、三崎にいた、三崎の朝市の様子を見て、港に向かう、すでに5人くらいの方がいて、まずは、ご挨拶、それから続々と集まり、中には、見た事ある人もいた、テレビや、雑誌で見たのだろう、そして会長さんにご挨拶、そして、船と、席決め
私は、1号船の丸健丸の、左舷、オオドモ、いい場所だ
隣は、雑誌でおなじみのがまかつテスターの大野さん、そして、右舷ミヨシが、会長さん
もうすでに皆さん集まり7時30分に港を出て、ポイントに、すぐ近くだ、船長の合図とともにスタート、また一番に私が釣り上げた、本日のタックルは、ラビットバイパー、針は、最初パワーフックの4,5号、釣り方は、叩いてたるませ、それと、150センチのふぐ竿に
チヌの両軸リールの組み合わせ、オモリ着底後、3メーター巻上げ、チヌドラッグを使いゆっくり仕掛けを落として行く、この釣り方で5枚ほど釣り上げる、しかし、ハンドルが、逆回転するので、掛かって巻いてる途中で、逆回転し2枚ばらしてしまう、やはり慣れが必要のようだ、結局本日は9枚で終了、竿頭は、会長さんの16枚、隣の大野さんは12枚、優勝は、3号船の、これまた、有名なパン屋さん、24枚ダントツである、釣り方は、そこで釣ったのが2枚だけで、後はそこから1~1.5メーターで釣ったようだ、針は、パワースピード7,5号、ハリス3号5センチ、アタリがあったら、送り込むのでは、なく、合わせてしまうのだそうだ、次回のテーマはその釣り方をやってみようと思います
私の9枚という成績は、ちょうど、真ん中アタリでした
釣ったカワハギは、早速田名店で出しましたが、肝がでかかったですね、先日の剣崎沖は、あまり入っていませんでした

このページのトップへ

ブログ