ブログ「つり日記」

2009年9月29日久比里山下丸、剣崎沖20~30メーター

2009年09月29日

曇り時々雨、中潮、【29日・カワハギ】剣崎沖30m・水温22℃、水色は澄み。
剣崎沖で二隻の釣行。午前中は、昨日とは打って変わって、下げ潮がゆっくりと流れていました。食いはまずまずだったと思います。昼前からこの潮も淀み、午後からは上げ潮に変わると、どんどん速くなってきてしまいました。午後からは、潮が速くて釣り辛かったですね。竿頭は、横須賀市の大矢さんで17枚でした。
本日は、釣倶楽部のメンバーとカワハギ釣
今日の目的は、初めて会うメンバーにご挨拶と今日カワハギデビューの、はっちゃんにカワハギを釣ってもらう事、そして来週の大会で使う竿の選別、針の選択、そして、新仕掛けの試験、盛りだくさんだ
朝、テレビや雑誌でおなじみの、シマノの飯田さんがいたので「今日は、隣の船宿でシマノのカワハギ大会やってるけど、こんな所に居て良いの」とからかう、同じ船に乗るようだ、何でもシマノから出す、スピニングカワハギの試し釣の様だ、雑誌のカメラマンも一緒にいた、月刊「つり人」だ
8時30分剣崎のポイントに到着、皆さんベラ、トラギスを釣ってる中、底から1メーター上で、カワハギ3連釣「やっぱり私は天才かもしれない」、雑誌のカメラマンもそれに気付き写真撮影、豪快に抜きあげてるところをだ。それから、竿交換、仕掛け交換、針交換、いろいろ試してみた、結果は、9枚だったが、メンバーと、楽しく、交流を図れ、有意義な1日だった。それに今日デビューのはっちゃん、なんと4枚も釣れ、我が事のように嬉しい。
シマノの飯田さん、スピニング、調子悪いようで、最後には、いつものタックルで釣っていた
ホントに、テスターというのは、因果な商売である

20090929.jpg

このページのトップへ

ブログ