ブログ「つり日記」

2009年11月23日久比里山下丸、岩井沖~保田沖、60~80m

2009年11月23日

曇りのち晴れ、小潮【23日・アマダイ】岩井沖~保田沖、60~80m・水温19.5、水色は澄み。
今日はベタ凪の一日でした。千葉方面での釣行でしたが、条件もよく、活性が高かったですね。前半は、多少潮の勢いが無かった分、誘わないと食い辛い状況でしたが、後半は、下げ潮が流れ出して、サイズもアップし、特大50cmが出ました。竿頭は相模原市の住吉さんで7尾。次点は6尾が2名様。外道はオニカサゴ・イトヨリ・カイワリ・サバ・キダイ・ホウボウなど色々。
今日は、遅い夏休み、いつも夏休まないで、いろいろな釣物がある秋に休みをとってるわけだけど、今シーズン2回目のアマダイ、最初、千葉方面と聞き、小型ばかりが釣れるので、少しがっかりしたが、行ってみると、なんのなんの、でかいのも釣れ、何よりゲストが多彩、私が釣っただけでも、25センチを超えるカワハギ、30センチを越えるオニカサゴ、丸々太ったサバ、カイワリ、でかいトラギス、アマダイは、40センチを頭に7枚、船中50センチも出ている。本日釣座は左舷胴の間、竿は少し柔らかめの190センチ、仕掛けの全長は、2メーター、マダイ針8号の2本針、今日は底の潮が流れてなかったのでどうしても、大きく合わせないと掛からなかった
今日は、たぶんアマダイだと思うが、大型を2枚途中でばらしている
次回は、固めの竿を持って行き、仕掛け全長160センチ、針は、マダイ針10号を持っていくつもりだ
帰って、アマダイを塩焼きにしたが、やはり、下浦のアマダイには、かなわないようだ
それから、オニカサゴは、しゃぶしゃぶにした、身に弾力があり、普段魚には、目もくれない娘が、旨い旨いと食べていた

ama09.jpg

 

このページのトップへ

ブログ