ブログ「つり日記」

2009年12月16日久比里山下丸、剣崎沖、20~30m

2009年12月16日

曇り、大潮【16日・カワハギ】剣崎沖20~30m・水温17℃、水色は澄み。
剣崎沖で乗合船二隻の釣行。薄曇りで寒い一日でした。北風が弱く吹く程度で、凪でした。剣崎沖は下げ潮が速いので、潮陰のポイントでやりました。一時淀み、上げ潮が来る前に終了となりました。竿頭は、横浜市港北区の丸山さんで29枚でした。型は大・中・小の交ざりです。
今日は、吉田さん達と、最後のカワハギ釣、心配された、雨もなく、寒かったですが、カゼも緩く、海も静か
絶 好のカワハギ日和?でした。6時30分に船宿に着き、早速、釣座の確保、左舷トモ2番、本日タックルは、自作のレッドチューン、道糸1,5号、4本針、上 2本が、ワイドフックの5号、ハリス3,5号5センチ、下二本がパワースピード7,5号ハリス3号5センチ、8時30分、ポイントに到着、剣崎沖の下浦寄 り、始めは、宙層狙い、途中、3本針にして、3本ともスピード、何とか3枚釣り上げる、ミヨシ4番の方が、たたき弛ませで、10枚以上釣り上げてる、「今 日は、底なんだな」、スピード針のまま底狙いに、掛けてもすっぽ抜けが多いい、外道も多いい、それから、ワイドフックに交換、徐々に、外道も少なくなり、 カワハギも当らなくなり、たるませ気味にして1枚釣り上げる。そこで、アスリート5号、ハリス2,5号6センチに交換、弛ませて連釣する「今日は、これ だったんだな」、気付いた時には、すでに遅し、大潮で、橋の下を、くぐれなくなるという事で、1時間早い2時で沖上り、結果は、10枚、それも、チビばか り。
今日のトップは、ミヨシ4番の方で29枚、差を、3倍も付けられてしまった。釣り方は、底で、長めに叩いて、カワハギにアピールして、弛ませて、ピョコン、ピョコン、誘ってました。
私は、あまりタタキは、やらないほうですが、状況によっては、試してみようと思います
不本意な結果で、今年も終わってしまいましたが、来年も頑張って、カワハギの研究をして行こうと思います

このページのトップへ

ブログ