ブログ「つり日記」

2010年4月14日腰越池田丸、江ノ島沖、130~270m

2010年04月14日

晴れ、大潮・水温16℃、水色は澄み加減。
今日は、佐藤さんと池田丸より根魚五目、ここの船頭は、いつもぶつぶつ言ってるのだが、半分は、意味不明、仕掛けは、ムツ針13号の5本針、幹糸8号、ハリス5号、餌は、船宿支給のサバ、そのほかに、コハダとサンマを用意、佐藤さんは、鮭皮を持ってきていた。今日の主なターゲットは白ムツ、船頭が、コハダを見てぶつぶつ言っている。たぶん「それは、人間が食べるもので餌にならない」と言っていると、思う。
総勢9人、釣り座は左舷トモ2番、佐藤さんが胴の間、朝からウネリがあり、早速、左舷ミヨシの方が、ゲロゲロ始める、走ってる時にやるもんだから、シブキとゲロのしぶきが飛んでくる、胴の間の佐藤さんたまったもんじゃない。まずは、130メーター、アタリがない、次に深場に移動、何とか2人とも白ムツ、赤メバルを釣り上げる、佐藤さん巻き上げ途中にメダイが食ってきて、1キロぐらいのを釣り上げる。
ここで問題が、今日は、大潮、潮が速くなると道糸が横に出て行く、オマツリ連発、それも深場になると、4人で来ていたグループの方、船宿に確認して、道糸は、200メーターで十分だと言われたようでオモリで底立ちが出来ず、100号のオモリが、宙ぶらりん状態、余計オマツリ連発、それもこちらの道糸と、向こうの幹糸ハリスが絡み合い、あとから違う人も参戦、どうなってるのかわからない状態で上がってくる、大概私が上げているので、その訳のわからない物体が、目の前に、船頭が
またぶつぶつ言いながら、解いていく、私は、隣でハサミを持ち、ハリスを、バツバツ切っていく、なんか、釣っている時間より、オマツリと格闘してる時間のほうが、長かったような気がする。
本日の釣果は、多分2人とも、白ムツも赤メバルも5,6尾だと思う、それも、鮭皮とコハダに食ってきている。佐藤さんには、メダイの分だけ負けたかな
ペア割引2人で10000円に釣られて、やって来た訳だけど、散々だったけど、なんか、楽しかったです
翌日、スポーツ新聞で、釣果を確認したら、トップ、白ムツ40尾になっていた、いったい誰が、釣ったのだろう
(写真は、2人合わせてのものです)

855.jpg

このページのトップへ

ブログ