ブログ「つり日記」

2010年4月29日久比里山下丸、鴨居沖~久里浜沖、10~20m

2010年04月29日

晴れ、大潮【29日・シロギス】鴨居沖~久里浜沖、10~20m・水温15℃、水色は薄濁り。
晴れて暖かい日でしたが、南西風の影響で、ウネリがありました。アタリが取り辛いのと、潮も流れ難かったので、食いは渋めでした。型は良かったのですが、釣果は伸びず終いでした。竿頭は、相模原市の住吉さんで38尾。次点は37尾でした。外道はメゴチ・トラギス・イイダコなど。
今日は、湘南釣り倶楽部でキス釣りの日、当初、平塚の浅八丸で9人でやる予定だったが、天気予報で南西の風10メーターの予報が出て、相模湾では、たぶん船が出ないだろうから、オフ会を中止した
それでもせっかく休みを取ったし、キス釣りの準備もしてあるし、高島さんと、高松さんも行きたいと言うので,急きょ、久里浜の山下丸から、行く事にした。それでも、うねり、風が強く、天気が良く暖かだが、釣り辛かった。最初、久里浜港のすぐ前、この日、高島さんは、20年ぶりのキス釣り、高松さんは、初めてなので、簡単に釣り方を教えたのだが、筋が良くすぐに2匹釣り上げる、我々は、ヒイラギばかり、釣り座は、左舷トモから高松さん、私、高島さんの順、右舷に2名さん、そのうち一人が,船長の息子の大学生、総勢5人での釣行だ。あまりにもヒイラギが多いいので、鴨居沖に移動、最初は、立ってやってたのだが、うねりがひどくなり、立ってられなくなって来た。ここでこんなだから、沖では、すごい事になってるのだろう、12時には、次々に船が、港に戻ってくる。早あがりだ、キス船は、また、港のすぐ前までもどり最後までやる事が出来た、キスの食いが渋くアタリが出ないので、途中、ジャリメの頭のチョンがけにして、アタリが出だしたが、なかなか針掛りしない、そして3時になり沖上りとなった。渋かったが、楽しい1日になった。
結果は、私が38尾でトップ、次が、船長の息子で37尾、高島さんが、22尾、高松さんが20尾、初めてにしては、たいしたものだ、外道は、ヒイラギ多数、メゴチ、トラギス、イイダコだ。2人ともお疲れ様でした

859.jpg

このページのトップへ

ブログ