ブログ「つり日記」

2010年6月17日伊豆半島 下田須崎港 番匠高宮丸、新島沖450m~620m

2010年06月17日

晴れ、中潮・水温22.1、水色は澄み。
本日は、5人で新島沖のトロ金目釣り、初めての場所であり、初めての本格キンメ釣り、集合が3時、出船が3時半、家から3時間以上掛かるため、前日の昼頃出て、港到着が16時、時間があるので、下田の市街地の店舗見学、さすがに、キンメが有名なようで、キンメ専門店も、幾つか見られた。コンビニで、晩飯、翌朝の飯、昼飯、ビールを買い込んで、須崎の港へ、釣りしてる人と話したり、人徳丸の船長と話したり、いろいろキンメの情報も収集、だんだん暗くなり、本日は車中泊、なかなか寝られない、寝たのは、多分1時頃、仲間に3時に起こされ、いそいで道具を船に積み込む、釣り座は、右舷トモ3番、総勢8人、片舷流しと言って右舷に8人並んだ状態だ。1時間ほどで、ポイントに到着、船長の合図で、ミヨシから1人づつ仕掛けを投入、オモリ1,8キロの鉄筋、針は20本、全長で30メーターぐらいの仕掛けだ。第1投、水深450メーター、底に着くまで、結構時間が掛かる。やっと着底、糸ふけを取りながらアタリを待つ、そして、かすかなアタリ、糸を少しづつ出して行き、より多くの針に魚が掛かるようにする、そして巻き上げ、これも船長の合図で、今度はトモから順番に上げていく、これもばらさないように、ゆっくり揚げる為、またまた時間が掛かる。この流しで結局2尾掛かっていたのだが、水面からあげるときに1尾逃がしてしまい、結局1尾、1キロぐらいのが上がった。2投目も1尾、3投目4投目で2尾ずつ、この時点で6尾、それからデカキンメ狙いで、水深620メーターのポイントに、5投目0、6,7投目も0、そして12時沖上り、結局私は、6尾で終了、我々5人でトップ14、次が12、次が6尾が2名、5尾が1名と言う結果だ
私だけが初挑戦だったが、まずまずだ
帰りは4時間以上掛かり自宅に到着、刺身にして旨かったが、やはり、なんといっても、煮魚が絶品、煮汁の上に脂の層ができるぐらいに脂があり、下田の駅前で、1キロぐらいのキンメ1尾と煮汁のもとがセットになりそれが、なんと8000円で売っていた。
新島周りのキンメは、他のところのキンメに比べて別格である。店にも配り翌日にぎりに、2貫350円、お値打ち品である。これからもちょくちょく行って、店で出す予定です


887.jpg 886.jpg
このページのトップへ

ブログ