ブログ「つり日記」

2010年7月1日久比里山下丸、下浦沖、久里浜沖15~20m

2010年07月01日

曇りのち晴れ、小潮【1日・カワハギ】下浦沖15~20m・水温21℃、水色は濁り。
良い天気で凪でした。本日も、下浦沖を終日攻めました。下浦沖は、午前数はいくらか下げ潮気味、後、上げ潮がいくらか流れた程度で、ろくに潮が流れないので、拾い釣りでした。竿頭は、三郷市の五十嵐さんで18枚。「今日は、中層の、下から2mで釣れたよ」とのこと。今日は、中型の揃いでした。
本日は、釣り仲間8人で、カワハギ釣り
最初、乗合船で、席を確保してたが、あとからあとから、カワハギ船にやってきて、我々8名は、別船に、おかげで、貸切、仕立て船、早速釣り座を決めて、私は、左舷胴の間、今日のタックルは竿は、ラビットバイパー、リールは、凛牙道糸PE1号、針は、主にパワースピード7,5号、3号ハリス5センチ、
乗合船は、下浦沖中心だったようだが、われわれは久里浜沖、ポイントに着くと潮が濁ってすごい色してた、つれてくるのは、ベラばかり、それから、宙層狙いに、何枚か上げたが、「型が小さい」、そして底狙いに変更、針は、ハゲ針、なかなか、掛からない、途中で針をスピードに、上の針と2番目の間に0,8号の中オモリ、軽く叩いて、少したるませてアタリを待つ作戦に、そして来ました25センチ、その後何枚か追加して、決果は9枚、船中1~9、全員型を見ることが出来た
乗る前に乗り合いの船長に、「たまに窓から竿出して、釣ってますが、針は何使ってるの?」「がまかつ、丸セイゴ10号、時には、11号」と言う答え、次回は、丸セイゴの研究もすることにした


889.jpg 888.jpg
このページのトップへ

ブログ