ブログ「つり日記」

2010年7月21日伊豆半島 下田須崎港 番匠高宮丸、新島沖450m~620m

2010年07月21日

晴れ、長潮・潮温27,5、水色は澄み。
21日下田須崎港番匠高宮丸からキンメ釣り行ってきました
前日「今から、下田に、仕入れ行ってくる、後頼んだぞ」と言って14時に出発
須崎に18時着、仮眠所に、直行、釣り座を決めるホワイトボードを見ると、すでにミヨシに1名、私はトモに記入、港で、アオリ釣りやる予定だったが、5人ほど、ヤエンの先客があり
見学する事に、その中に、人徳丸の船長がいたので、キンメの状態を聞くと
「このごろ潮が吹っ飛んで、良くない」との事、「トホホ、寝よっと」
今日も車中泊、外は,幾分涼しいが、車の中は,暑い、窓開けると虫が入ってくるし、エンジン掛けて、クーラー掛けるとエコじゃない、ペットボトルをタオルで巻いて、枕にしたり
22時、まだ寝てない、午前0時、まだ寝てない、2時、起きてる、結局寝ないことに、、
3時30分、総勢7名乗せて出港、ポイント到着までキャビンで休んでいたが、寝れない
最初の水深400メーターのポイントに到着、ミヨシから仕掛けの投入、私は、トモだから1番最後、ところが、道糸が竿に絡まり、やっと投入、300メーター出たところで
船長から「トモから巻いてきて」「エ、まだ底に着いてない」1投目空振り
なんか寝不足で、気持ち悪い、、、
2投目、今度こそ、今度は、リールが絡む
中層でもたついたので、サバの餌食になり仕掛けが落ちていかない
そして取り込み、いつもは、ゴム手袋してるのに、この時は、素手、私の仕掛けには、10本のサバが付いていて、船宿仕掛けにはサルカン付いてないし、オマケに先っちょには1,8キロのオモリが付いている、重いし、すべるし、やっとの思いで回収
3投目、今度こそ、今度は、投入を待ってる間、よりによって、掛け枠ごと仕掛けを落としてしまう、幸いそのまま回収できたが「どうしたのだろう、今日の俺は」
3投目は上のほうにサバが付いていて1番下に待望のキンメが1尾、1,3キロ
ここでサバがうるさいので、ポイント移動、620メーターの大物狙い
4投目、船長から「中錘40号ぐらい付けて、潮が早いのでミヨシは、900メーター、トモは、800メーター、とにかく出して」「ん、、?」「中オモリなんか、持ってないし」
そして、800メーター、ドラッグを締め、アタリを待つ、着底は、わからなかったが
2回のアタリが判った、今日の竿は、ブルバイパー深海Ⅱ、感度は、よさそうだ
ここで、50センチ1,7キロのキンメを2尾ゲット
5投目、1,5キロ1尾追加、6投目スカ、
隣の、この道30年のベテランさんいまだ型見ず「今まで、ボーズだった事は、ない」と言ってたのだが、7投目、やっと1尾ゲット、私は、スカ
本日7投で終了、船中、トップ8、スソ0、ミヨシのほうの方が良く釣れていた
港に着くまで、なんとか寝ないとヤバイ、キャビンに入ったが、暑い、蒸し風呂状態
寝れない、
帰りは、天城越えして、沼津から、東名で、帰ってきた
ちょうど3時間、行きより1時間速い計算だ
それにしても、トンネルが、多かった

990.jpg

このページのトップへ

ブログ