ブログ「つり日記」

2010年8月4日久比里山下丸、剣崎沖15~20m

2010年08月04日

晴れ、大潮【4日・カワハギ】剣崎沖15~20m・水温25℃、水色は薄濁り。
剣崎沖での釣行。昨日同様、午前中は、上げ潮が適度に流れ、良いペースで釣れました。午後からは、やはり下げ潮が速くなり、ペースダウンしてしました。型は大・中型主体で、小型は交ざる程度。ほとんどのお客さんが、10枚オーバーと、まずまずの好漁でした。竿頭は、横浜市南区の堀江さんで19枚でした。
今日は、久しぶりに野郎3人でカワハギ釣り、船宿に着くと、横浜カワ研の、チャンプ、堀江さんと大野さんが来ていたので、俄然燃えてきて「勝負、勝負」
本日釣り座は、玉さん左舷トモ、はっちゃんトモ2番、私は胴の間、堀江さんと大野さんは右舷胴の間、総勢10名での出船、ポイントは、剣崎沖、8月1日より解禁で、いつも型が良いのが、良く釣れる筈だ。最初、なんか濁っていて、「どうなんだろう」と思いつつも、第一投、早くも隣のはっちゃんがキコキコ、リールを巻いている、「カワハギだ」、たぶん船中最初に釣り上げる、それも良い型だ、私のタックルは竿がラビットバイパー、針は、パワースピード7,5号で宙層狙い、玉さん、トモで、鬼のように叩いている。それがまた、良く釣れる、針は、ワイドフック、10時半には、10枚釣っている、その頃私は、4枚、はっちゃんもそれ位で良い勝負だ、途中堀江さんが様子を見に来て「ゴヨーさん、宙層良く釣れるよ」と言うので、底狙いから、もう一度宙層狙いに、変更、しかし釣れない、堀江さんのところに見に行くと、さっきまで釣れてたのに、、、タタキたるませに変更、この日、初めて船上で、ビールを飲んだのだが、旨いのだが後が大変、余計暑くなり、汗が噴出し、なんか、体がだるくなるし、散々だ。
結果は、堀江さん19枚で、竿頭、さすがである
大野さんと玉さんが15枚、はっちゃん7枚、私が11枚、また玉さんに負けてしまった。まだまだ、カワハギの修行が続く

991.jpg

このページのトップへ

ブログ