ブログ「つり日記」

2010年9月1日 逗子、小坪港太郎丸、大島(沖の瀬)沖200~380m

2010年09月01日

晴れ、小潮
今日は、吉田さんと、沖の瀬のキンメクロムツ狙い
ここのキンメは、小ぶりなので、何とか、クロムツを釣ろうと、前日市場で、するめイカを仕入れ、短冊状に切り、肝和えにした、付け餌にするためだ。それとコハダも持参、吉田さんは、アオイソメ持参、さてどうなるか
小坪港を6時に出船、ポイントに到着は、7時20分、風がなくベタ凪、「暑い」
本日釣り座は、吉田さん、右舷ミヨシ、私は、その隣、総勢12名
1投目、吉田さんキンメ3尾、イソメに来たと言っていた。私はキンメ2尾、イカとコハダを避けて、船宿支給のサバ餌に来た
2投目、「スカ」、3投目吉田さん、アタリがあって、追い食いさせて、キンメ4尾、私は1尾
イソメが調子良い様なので、吉田さんに貰い、「これで良し」「釣るぞ~」、船長の合図で、ミヨシから、仕掛けを投入、吉田さん投入、次が私の番、250号のオモリを前に投げる、からまず、7本の針が順番に海底に、「あれ~」、オモリのテンションが手に伝わらない「やっちまった」、道糸と、仕掛けをつなぐのを忘れていた。無情にも、私のオモリと仕掛けは、300メーターの海底に沈んでしまった。1回休みである
気を取り直して、仕掛けを作り、コハダは、船長が間違って捨ててしまったので、サバの切り身と、イカの肝和え、イソメをつけて、投入、オモリ着底後1度5メーターぐらい上げ、なじませて、再度着底させ、アタリを待つ、「来た」、今までにない強いアタリ、即巻き上げ「引いてる、引いてる」、水深300メーターから、ゆっくり巻き上げるので、結構時間がかかるが、何が上がってくるのか、ワクワクする、楽しい時間である
隣の爺様に、「これ、クロムツの引き」と聞いてみたら「元気がいいからメダイじゃないの」と言う答え、ま、メダイでもいいか、、
そして上がってきました、イカの肝和えをくわえた1メーター近くある、大きなサメが、、
本日の釣果、キンメトップ10尾、吉田さん7尾、私は、スソの3尾、
それにしても、キンメが小さい、30センチないんじゃないかな、
来週は、新島沖に、キンメを仕入れに行ってきます

995.jpg

このページのトップへ

ブログ