ブログ「つり日記」

2010年9月23日久比里山下丸、剣崎沖50~70m

2010年09月23日

曇りのち大雨、大潮・水温25℃、水色は薄濁り。
今日は、湘南釣倶楽部のオフ会、久しぶりのアマダイだ
天気予報で、雨だったので、自宅から、すでに合羽を着込み、完全防備、船宿に着いてみると、予想に反して、薄日が差していた「暑い」
参加者5人、最初、右舷ミヨシから5人取っていたのだが、片舷8人になり、窮屈だろうということで、別の船を用意してもらった。5人だけで一船貸し切りで、ゆったりと釣りすることになった。
釣り座は、右舷ミヨシから私、ウリさん、ミカさん、左舷ミヨシ、山田さん、その隣が平川さん、港を出ると、やはり、台風が近づいてる影響か、ウネリと風があり、釣りにくそうだ。本日タックル、竿は、ウネリがあるので、2,4メーターの海明80S、リールは、シーボーグ150S、道糸2号、オモリ80号、針は、マダイ10号の2本針、仕掛けは、1,6メーターの自作
最初のポイントは、剣崎灯台の右側、50メーター、旨いアマダイが釣れる場所だ。1投目から、私の竿にアタリが、すぐに合わせて巻き上げ開始、「この引きは、アマダイだ」「あと10メーター」「あれ~」電動が巻けない。良く見るとリールのスプールの右側だけに、糸が巻かれ、引っ掛かっていた。レーベルの穴に糸が通っていなかったのだ。「やっちまった」良く回りで見かけるが、自分でやったのは、初めてだ。「老眼か」、アマダイがばれない事を祈り、糸を引っ張り出し、やっと巻き上げ、25センチぐらいのアマダイをようやく取り込む
それからは、トラギス、ガンゾウビラメ、カナガシラ、カイワリ、キダイ、外道のオンパレード、ミカさんも、トモで順調にトラギスを釣り上げている。山田さんは、オモリの上になにやら怪しいランプ、隣のウリさん、様子がおかしい、船酔いしたようだ。ここで戦線離脱、後ろの平川さんも船酔いしたようで、寝てるのか、釣ってるのかよく判らない。私もだんだん気分が悪くなってきた。ここでポイント移動、剣崎灯台の左側、城ヶ島が見えるところ、先ほどのポイントでは、アマダイは、私の1尾のみ、薬が効いたのか、ウリさん戦線復帰、根性もんである。船長が「こっちで2尾釣ってる」「誰が釣ったのだろう」、裏で、死角になって見えなかったが平川さんだ、「寝てたんじゃなかったんだ」、、ここで秘密兵器、深海用の水中ランプを装着、赤い色が点滅するヤツ、ほどなく、ウリさんにアタリが私は、タモを持って、待ち構える、上がってきたのは、30センチオーバーの綺麗なアマダイ、そして、置き竿にしてた、私の竿にもアタリが、35センチのアマダイだ、ウリさんが釣ったアマダイとつがいかも知れない。
12時20分、潮も吹っ飛び雨風が強くなり、ポイント移動する事に、みんなでキャビンに避難、狭いので5人入れば、いっぱいで、頭をぶつけたり、足踏ん張ったりで、体中が痛い、雨風、うねりがひどくなり、船は、低速で進む。「どこに行くのだろう」内心では、「もう上がってもいいかな」
1時間20分走りやっとポイントに「いやに静かだな~」外を観て見ると、久里浜の港「ん?」「ここで上がらせてもらいます」と船長の声
それにしても普段なら40分ぐらいで帰ってくるのだが、倍の時間を掛けて帰ってきた計算だ。
この日カワハギ船に玉さんが乗っていたのだが、散々だったようで、カワハギ船の皆さん、ずぶ濡れで、お疲れモード、「こんな日もあるさ~」

このページのトップへ

ブログ