ブログ「つり日記」

2010年10月27日久比里山下丸、久里浜沖50~60m

2010年10月27日

曇り時々晴れ、中潮【27日・アマダイ】久里浜沖50~60m・水温21℃、水色は澄み。
北風が強く、海上では半日以上、シケ模様でした。波があったので、細かいアタリが取り辛かったので、調子は今一つでした。良型が船中3尾でした。

カワハギの大会も一段落し、今日は、アマダイ、前々日、52センチが釣れ、前日56センチ、トップ5尾、期待で胸が膨らむ、本日は、相模キンメ会の会長とその彼女も乗船、釣り座は、私が左舷トモ1番、会長が、2番、彼女が3番と並んで、座った、総勢8名で出船、風と波がひどく、ポイントも前日大物が釣れた所までいけず手前での釣行となった。まず彼女に500グラムぐらいの綺麗なマダイ、彼女は、初めての船釣り、我々は、トラギスばかり、そして来ました、アマダイのアタリ、大きく合わせ、電動で巻き上げ、「引いてる、引いてる」「結構デカイぞ」、引き上げて見るとなにやら、もうひとつ仕掛けが付いてる。彼女とオマツリしたようだ。そして、アマダイの口を見てみると、私の銀の針でなく、彼女の金の針、「引きが楽しめたから良いか」、そして来ました、アマダイ、35センチを釣り上げる、だんだん海もおさまってきたので、前日の大物ポイントへ、ただ釣れて来るのは、トラギスばかり、「良し、アタリだ」「?、キュンキュン引かない」、上がってきたのは、30センチのオニカサゴ、そこで、秘密兵器、深海用の赤く点滅する、ライト、船長に見せたら「やめたほうがいいと思いますよ、さばふぐが集まってきますよ」、
そう言われたのだが、前回これでアマダイ釣っている
暫くして、アマダイらしきアタリ、そして巻き上げ途中も、ビュンビュン引いている、「これは、アマダイに間違いない」、上げて、びっくり、サバフグだ、それもスレで、尾に針がひっ掛かっている、どおりで引くわけだ
その後もトラギスが、釣れ続け、15時沖上り
結果は、トップ1、ボーズ5名、

997.jpg


このページのトップへ

ブログ