ブログ「つり日記」

2010年12月1日久比里山下丸、富浦、岩井沖65~90m

2010年12月01日

晴れ、長潮【1日・アマダイ】富浦沖~岩井沖、65~90m・水温19℃、水色は澄み。
今日も良い天気でした。水色も良く、早くから、40cmオーバーの大型アマダイが、何尾か調子よく出て、出だしは良かったですね。その後は、潮もあまり流れなかったので、拾い釣りでした。後半の上げ潮では、フグにジャマされ、中々思ったように釣れませんでした。竿頭は、川崎市の加藤さんと、相模原市の住吉さんで、3尾でした。外道はサバ・カイワリ・イトヨリ・キダイなど。
今日は、アマダイ釣り、天気も良く、波もなく、久しぶりに、気持ちのよい朝だ。本日は、アマダイデビューの玉さん、それにオニューのリールを買ったウリさん、アマダイ名人の西山さんも乗り込んできた。総勢6名、私の釣り座は、右舷胴の間、40分ほどかけて、富浦沖に、水が澄んでいて、なんだか良さそうだ。タックルは、竿が、リアル、リールが、シーボーグ400、潮が流れてないようなので、おもり着底後1メーター上げてのスタート、仕掛けは、全長1,6メーターの2本針、なかなか当たらない、外道も少ないようだ。
「来た」「これは、アマダイだ」「引いてる、引いてる」「結構でかいぞ」「ん、、なんか丸い」
海水を飲んで、丸くなってる水ふぐ、始めて見るふぐだ2キロぐらいあるのだろう、やけに、重い
「ハイ、上げてください」船長の合図、ウリさんに何か、掛かってたようだ。「アマダイだ」それも43センチの綺麗なアマダイ「おめでとう」
本日の釣果、アマダイ3尾、水ふぐ3尾、かいわり2、イトヨリ1、このイトヨリ30センチ以上あり、重さも1キロ近い、脂もあり、刺身がすごく旨かった。ウリさん2尾、残念ながら、ボーズが2名出ました

ama120000.jpg mizu0000.jpg
このページのトップへ

ブログ