ブログ「つり日記」

2010年12月15日久比里山下丸、久里浜沖40~70m

2010年12月15日

晴れ、長潮【15日・アマダイ】久里浜沖40~70m・水温15.5℃、水色は薄濁り。
一日高いウネリがありました。今日は軽く二隻に分かれて行きました。久里浜沖で、思ったよりも活性は悪くは無かったですね。潮が流れている間は釣れました。竿頭は、中野区の浜田さんで3尾。次点は2尾が3名様でした。外道はカイワリ・マダイ・キダイ・ホウボウ・マトウダイ等々。
今日は、玉さんとアマダイ釣り、風、ウネリのため出船が危ぶまれましたが、何とか、出ることに、予想通り、風は、たいしたことは、なかったが、ウネリがすごかった。隣のマツコが「ヤバイ、気持ち悪い」と言っていたので、少し離れる事に、本日の釣り座は、左舷トモより、西山名人、浜田の親父さん、玉さん、私、マツコ、マツコの友達、の順である
本日タックルは、竿が、海明改2,5メーター、リールは、シーボーグ150S、天秤は、遊動を2種類、針は、マダイ10号、ハリス3,5号
釣れて来るのは、トラギスばかり、隣のマツコが、とうとうゲロゲロやりだした。なんか貰いそう、、昼までに1回、アタリがあったが、ばらしてしまう、ここまでで、アマダイ釣ったのが左舷では、浜田の親父さんだけ、それも3枚、長めの仕掛けでハリス2,5号、常にゆらゆら誘っている、2時ごろ、玉さんにアタリ、デカイトラギスかと思ったら、急に、キュンキュン引きだした「アマダイだ」、上がってきたのは、綺麗な40センチのアマダイ、そして私にもアタリ、合わせて、電動で巻き上げに入ったのだが、「すごい引きだ」あわてて、電動を緩めたのだが「あ、バレタ」、どうも、この2,5メーターの硬い竿は、私には、合わないのかもしれない、そして、終了15分前、トモの西山さんにアタリ、35センチぐらいのアマダイを釣り上げる、本日の、左舷のボーズ、私とマツコとその友達、次は、いつもの柔らかい竿リアルを持って行くつもりだ。
来週は、今年最後の釣行、小坪より沖の瀬でキンメクロムツ狙い、さて、どうなる事やら

このページのトップへ

ブログ