ブログ「つり日記」

2011年1月26日金沢八景、一之瀬丸洲崎沖ー沖の瀬、350~500m

2011年01月26日

晴れ、小潮・水温不明、水色は澄み
今日は、「湘南釣り倶楽部」オフ会、6人の参加で総勢12名で出船。私としては、3回目のアコウ釣り、過去2回は、ボーズ、3度目の正直
本日釣り座は、左舷胴の間、仕掛けは、幹糸26号、ハリス12号50センチ、ムツ針22号の6本針、餌は、船宿支給のサバ、そして持参のサンマのハラス、それに、ヤリイカを赤い御用タレに漬け込んだもの、最初のポイントは、洲崎沖、約1時間30分の航程だ。やけに眠い、前日のサッカーの韓国戦、接戦で延長まで行き、それでも決まらずPKで日本の勝利、途中で、布団に入ったのだが、「やっぱり俺が応援しないと負けてしまう」と思い、またテレビの前に、終わったのが1時、それから寝付けず、うつらうつら、そして4時には、起きて、寝不足だ
1投目、スカ、針に、緑のタコベイトとサバ餌、それに赤いイカを一緒に付けていたのだが、イカだけかじられていた。2投目、「当たった」ゆっくり電動で巻き上げる、500メーター底からだから10分以上掛かる。上がってきたのは、赤い魚、「アコウだ」「ん、違う」なんか縞模様がある、カタチは、アコウそっくりなのだが、「ホウズキ」と言うらしい
それから何投かしたが、すべてスカ、アコウ狙いからキンメ狙いに沖の瀬に移動、キンメ仕掛けも作っていたが、めんどくさいのでそのままで、ちょっと、船酔いしてきたようだ。やはり寝不足のせいか、、
キンメも釣れず、サバばかり、途中、新鮮な餌が良いだろうとサバ5尾を、捌いて、メンバーに配ったのだが、これがいけなかった、下を向いてやってたので「吐きそう」、、
本日の釣果、アコウもどき1、サバ多数、またやっちまった。

houzuki[1].jpg

このページのトップへ

ブログ