ブログ「つり日記」

2011年2月16日平塚庄三郎丸 大磯~二宮沖 15~55メ-ター

2011年02月16日

晴れ 大潮、水温不明 水色澄み加減
今日は、約2年ぶりのアオリイカ、船宿に6時半に到着、
釣り座は、すでに四隅が埋まってて、空いてるのは、
左舷胴の間、7時出船、最初のポイントは、大磯沖、
30メーター、思ったより、潮が澄んでいて、
太陽も低いので、腹が、赤テープ、
背がピンクのラインがグリーン、のエギで釣り始める、
船中、最初のアオリが、私の竿に、「それにしても小さい」、
次のポイントは、二宮沖20メーター、こちらは、潮が濁っていた。
陽も高くなっていたので、腹が金、背がオレンジ、
のエギに交換、それにしても、左舷胴の間は、寒い、
移動の時は、陽が当たるのだが、ポイントに着くと船が旋回、
日陰になってしまう、この時期この差は、天国と地獄、
釣れる釣れないは、二の次で、これで、座る場所を決める人もいる、
本日のタックルは、3,6メーター磯竿、道糸は、4号、
ハリスは、5号3メーター、船では、四メーターの指示だが、
中錘を巻き上げ、竿を立てた時に、エギが手元に来る長さにしてある、
春になって、大きいのが掛かるようになると、ハリスは、
四メーターにして、まず中錘をつかんでの、取り込みになる、
船長の棚の支持は海面から中おもりまでの深さのしじなのでハリスが皆より1メーター短いので、プラス1メーターと言う事だ。
隣の女性の方が良い型のアオリをあげる、エギを見ると、
背がオレンジ、腹がマーブル、反対側の人が、腹がマーブル、
背が赤で、釣り上げる、「今日は、マーブルが良いんだな」、
すかさず、金のマーブル、背にグリーンのラインが入った、
エギをチョイス、ほどなく私にもアオリ、その後ポイントを転々とするが、
かえるたびに右舷トモの方だけが当たると言うのが続く。
16日の釣果は、アオリイカ、1-9杯、0.3-2kg、7名で24杯・・他にヤリイカ0-2杯、。

右舷ミヨシより2,1.9杯、左舷ミヨシより3,4(私)、3,2、合計24杯
私には、ヤリが2杯来た、大きさは、40cm以上あったが、
どうも浅場で釣れるのは、身が薄いような気がした。
来週は、初めてのフグ釣り、さてどうなる事やら

112.jpg

このページのトップへ

ブログ