ブログ「つり日記」

2011年3月30日久比里山下丸、富浦~岩井沖80~90m

2011年03月30日

晴れ、中潮【6日・アマダイ】富浦~岩井沖80~90m・水温15℃、水色は薄濁り。
暖かくて凪の一日でした。水温も多少高めで、朝からアマダイの食いも良く、
各ポイントで釣れました。乗船された全員が釣れて、
外道のお土産も多種多様で、
クーラーの中も賑やかでした。大漁でした。
竿頭は、横浜市栄区の小林さんで5尾。
次点は2尾でした。外道はムシガレイ・カイワリ・キダイなど。今日も只今連続ボウズ記録更新中のアマダイ
釣座は、左舷トモ、ミヨシには、坂本船長の長男、
右舷2名の総勢4名での出船、タックルは、
リアルⅢ、シーボーグ400の組み合わせ、仕掛けは、
最初は、 3本針でやっていたが、
どうもイメージしにくいので、いつもの2本針に変更、
今日の天秤は、最初の頃使ってた、
至ってシンプルなヤツ、ポイントは、
岩井よりさらに南下した富浦沖、
まずミヨシの長男が30センチのを釣り上げる、
それから、右舷ミヨシの方、
どうやら、2本竿を出しているようだ。
そして私に35 センチのアマダイ、久しぶりで、
アマダイの引きを忘れていた。
円月釣法で釣ったのだが、なんか疲れる、
その後置き竿にしたり、ゆっくり誘って
待つ釣をやったが、後が続かない
船長が「右のミヨシの方、仕掛けが全長150センチで
積極的に誘って4本目釣りましたよ」「え」、
ここからアオリ釣法、底から、1メーター錘を上げ、
10秒に1回シャクル、そしてアオリの様に、
「ガツッ」と竿が止まる、そして電動巻上げ、
またまた35センチくらいのアマダイ、それから、
何回かすっぽ抜けて、本日2本で終了、
トップは、右ミヨシの方で5本、あとの3人は、
仲良く2本ずつ、外道は、カナガシラ5、
ガンゾウビラメ1、赤ボラ3、トラギスとヒメは、
20ずつくらいで大漁だ。 アオリ釣法は、
長めで、柔らかめの竿のほうが、すっぽ抜けは、
少ないのかもしれない。来週は、キンメ漁に行くので、
再来週、まだアマダイやっているようなら、
2本竿で、やって見たいと思う




008.jpg 011.jpg
このページのトップへ

ブログ