ブログ「つり日記」

2011年4月20日久比里山下丸、保田~岩井、久里浜沖60~90m

2011年04月20日

晴れ、中潮【20日・アマダイ】保田沖90m・水温16.5℃、水色は澄み。
今日は軽くウネリがありました。水色は澄んでいて、
条件は良かったのですが、黒潮の影響で潮が速かったですね。
朝の内は良い調子で釣れましたが、その後はさっぱりでした。
良かったのは外道が色々釣れたのと、イルカの大群が見れたことかな…。
1尾が3名様でした。
24日でアマダイが終わりのため、最後のアマダイ釣りになる。
天気が良く、海も静かで、前回の新島沖とは、大違い。
本日つり座は、右舷トモより、西山さん,私,玉さんの順、
総勢7人での出船だ。一路保田沖を目指して一直線、途中、
黒潮が入ってるせいか、イルカの大群と遭遇、また、
アメリカの空母とも遭遇、なかなか東京湾らしい。本日タックルは、
竿がリーディング XA55の225Ⅳ、リールがシーボーグ150S、
道糸が2号、仕掛けが、全長150センチの2本針、ポイントに付くと、
すぐに西山さんが30センチのアマダイを釣り上げる、
そして私が35センチ、玉さんが35センチ「今日は、調子いいな」、
今日の釣り方は、柔らかめの竿で、オモリ着底後1メーター上げ、
10秒に1回煽る、名づけて「アオリ釣法」
そして、「お」上げた竿が弧を描く「デカイか」「ん、引かない」、
根掛りだ。アマダイで根掛りは、多分初めてだ。
タオルを手に巻いて、引っ張る「アー道糸が切れた」
急いで予備の天秤と錘を付けて、投入、微妙に長さが足りない、
下巻のナイロンの糸が出て行く、、船長私のためなのか、
水深60メーターぐらいのところに移動してくれたが、こちらは、
黒潮の影響で潮が速く、外道さえあまり釣れない、
すぐにもとのポイントに戻るが、また根掛り、こんどは、
下巻のナイロンを引っ張る、「あ、また切れた」
ちょうどPEとナイロンの結び目だ。
仕方なく、船長にリールを借りて、玉さんに、
天秤とオモリを借りて、釣りだしたのだが、それにしても釣れない、
来るのは、外道ばかりだ、こちらのポイントも潮が速くなり、
久里浜沖に移動、隣の玉さん、トラギスを、ダブル、トリプル、
「さすがだ」、、本日釣果、トップ1が3名、結局船中、
最初に釣った3尾のみ
西山さん、明日も行くと言っていたが、釣果を見るとトップ1が6名だった。
今期のアマダイは、終了だが、来週からカワハギ、さてどうなる事やら。

012.jpg

このページのトップへ

ブログ