ブログ「つり日記」

2015.3.18 下田須崎港の番匠高宮丸からキンメ釣りに

2015年03月19日

18日、下田須崎港の番匠高宮丸からキンメ釣りに行ってきました
ここのところ3回連続で時化で、船が出ず、やっとです
今日は、予報もよく、釣果もだいぶ上向いてきたので、8人で、満席
私の釣り座は、トモ3番
8人中、3人の方が、うちからカツオのハラモを買ってもらってる人だ
今日の目的は、キンメ釣りなのだが、もう一つ、今のカツオのハラモが入らなくなるので
新しいハラモを試したいのだ
4投分だけ、新たに20本針の仕掛けを作り、新しいハラモを付けて、あとの4投分は
マイナス60度に保管していた、前のハラモ、さてどうなることか
最初の4投は、新しいハラモ
1投目 浅場、1キロ弱を2尾
2投目 浅場、同じく2尾
3投目 浅場、小ぶりのキンメの中に1キロアップが混じり6尾
4投目 深場、本日最大の1,7キロ、1尾
5投目、深場、根掛かりして幹糸から切れ0尾
6投目 深場、根掛かりせずに1尾
7投目 深場、アタリがあったのに根起こしの時に幹糸から切れ1尾
8投目 深場、相当付いたはずだが、またまた幹糸から切れ2尾
本日トップ25、ミヨシ2番の方、スソは、8尾、私の隣の方、私は、13尾
本日は、ミヨシから、投入で、トモから巻き上げ
ミヨシ有利で、ミヨシの3人の方が、ほんじつの123
帰りの車の中で、なんで幹糸が切れたのかずっと考えていた、捨て糸14号それに対して
幹糸が30号、普通に考えたら、細いほうが切れるのに、それも去年の終わりごろから、たまに幹糸が切れていた。
その前までは、そんなこと1度もなかったたのに、、、
考えをめぐらしていたら、ある結論にたどり着いた、マイナス60度の冷凍庫
去年の中ごろから餌を付けていつでもすぐ行けるように、保管しだした
それまでは、前日に餌を付けて、持ち込んでいたのだ
船宿なんかも餌を付けて仕掛けを冷凍してるのだが、せいぜいマイナス20度ぐらい
今回は、何か月もキンメ釣りに行けなくて、相当期間、マイナス60度の冷凍庫に入っていたのだ。
捨て糸も一緒に入っていたので、今まで、もしかしてと思ったが、判らなかった
同じナイロンでも、幹糸は、下田魚具の、安いやつ、捨て糸は、サンラインの、高いやつ
「これだな」、次からは、切れないだろう
新しいハラモは、食いも良く、きれいで、エサ持ちがいいので、良いのだが、
針に刺す時に苦労した、前もって穴を開けて販売するようだ。
来週は、Gパウダーを試すためにアマダイかな

untitled

untitled

このページのトップへ

ブログ